第2回 のど of 田辺薬局の Life with 漢方

第2回 のど 

さて、対談2回目の今回は、TOKOさんも職業柄、毎日意識している「のどの薬」について。
日中暖かくても日が暮れると空気は冬色。
急な温度変化は直接触れる鼻・のどの粘膜を刺激し、風邪を引き込みやすくします。
こじらせる前に早めに手当てしましょう。
症状に合わせた漢方薬の使い方をチャートにしていますので参考になさってください。


Sun.pngTOKO)秋も深まったこの季節、空気も乾燥
してくるのかレッスンでも風邪ひきさんが増
えるんですよね。

Moon.pngDEN)急に寒くなるからね。
この気温差が免疫力を落としちゃうんだよね。

Sun.pngTOKO)ところで、喉の痛みについて前から
聞きたいことがあったのだけど、喉の不調っ
ていろんなのがあるよね。
     前と違う痛みだと感じていても、病院に行く
     と同じ薬が出ることがあったりして、不思議
     でね〜。

Moon.pngDEN)西洋医学のお薬は方向性が限られてく
るから。

Sun.pngTOKO)方向性か。
いろんな症状にあわせるならいろんな方向性
が必要なはずだよね。

Moon.pngDEN)お医者さんからいただく薬は、基本的
に炎症を抑えるものが多いかな。
漢方だと炎症を抑えるお薬以外にも、乾燥を
     抑えたり、冷えをとったり、粘膜を丈夫にし
     たりと、様々な方向に対応するんだよ。
     まずはゆっくり休むこと!
     疲労が続くとせっかく治ってもまたぶりかえ
     してしまうから。
     その上で漢方薬を適切に飲んで下さい。

Sun.pngTOKO)なるほど。出来るだけ自分の体の状
態を分かった上で、薬を使い分けられるとい
いんだね。
     ただね、私たち一般人からすると、漢方って
     種類が多くてイザって時に何を飲めば良いの
     か分からないんだよね。
     出来たら症状別にお薬を分類してくれるとあ
     りがたいなぁ〜。

Moon.pngDEN)OK! ではまとめてみましょう。











のどの薬.pdfクリックすると拡大表示します

Sun.pngTOKO)うわ〜!ありがとう。
これを薬と一緒に持ち歩けば、すぐに分かる
ね! 飲み方はお湯で飲む方が良いのかな?

Moon.pngDEN)ぬるま湯で飲むのが基本。
でも、温かいものが手元になければ、お水で
飲んでも構いません。
     ただし、元から体の冷えている人はなるべく
     冷たいものは避けてくださいね。

Sun.pngTOKO)お薬は何種類まで一緒に飲んでいい
のかしら?
組み合わせとして避けた方がいい組み合わせ
     は?

Moon.pngDEN)薬局では2、3種類を合わせて使うこ
ともあるけど、まずは一番気になる症状のお
薬だけ飲んで下さい。
     組み合わせとしては、チャートに上げたもの
     は合わせて飲んでも大丈夫です。
     ただし、漢方薬もお薬なので、2,3日飲ん
     でも変化がなかったり、ひどくなるようだっ
     たら薬剤師さんに相談して。
     特に、漢方薬初心者の方やお医者さんの薬を
     常用している方は、まず相談してから飲んで
     下さいね。

Sun.pngTOKO)ありがとう!即実践します!